「メディアコレクション」へようこそ。女子大生編集部が「次世代女子」のためのコンテンツをお届します。

[PR]企業の原点ー動画クリエイタースクール「MOOCRES」とはどんなところ?

  • 2020年4月24日
  • 2020年5月14日
  • [PR]仕事
  • 251view

こんにちは!

Media Collection編集部です!

2005年にYoutubeが創立して15年!スマホの進化に伴い、発信媒体として動画が主流となりました。

今後さらに成長する可能性を秘めている動画媒体。

これからは「個人のチカラ」がより重宝される時代です。

「スキル」という名の「チカラ」を持った動画編集者は今後更に需要が高まるといえるでしょう!

今回は、動画クリエイタースクール「MOOCRES」運営株式会社イケてるやつら代表取締役社長のヨビさんにインタビュー!

 

Q.動画編集が学べるって噂のMOOCRES ムークリってどんなところですか?
✔ゼロからプロへ

6ヶ月間で独立した動画クリエーターを目指す「MOOCRES ムークリ

 

✔少人数制度をとっている

→6ヶ月で生徒は20人限定
本気で動画編集を学びたい人で構成されているので、切磋琢磨できる

 

現役クリエーターとして活躍している講師が教える
✔️グループチャットで無制限に質問可能

→わからない場所も気軽に聞けちゃう

 

✔️実際の企業案件を授業でつくる

従来の授業は、実践的な内容は学べなかった。
しかし、MOOCRESでは企業案件を、扱うため高速でスキルが身につく

 

✔️スキルに応じた案件紹介

実際の動画案件を講座期間内中に行えるチャンスがある!

 

✔️生徒限定特典がとにかく熱い!

オンライン口座見放題で常に復習可能!
卒業生総勢100人以上の限定のオンラインコミュニティに招待!
→仕事紹介や知識を共有できる場所として活用できる!

大阪、東京の二箇所にスクールがあり、今後は名古屋校を設立予定です。

 

体験会実施中!

 

社長になってよかったことを教えてください

ヨビさん:男性であれば一度は憧れる職業だと思うのですが、純粋にそれが今の職業になれたことは嬉しいですし、夢の中にいるんじゃないかなって思ったりしちゃいます(笑)

もちろん、会社を経営することは決して楽なことではないです。例えば、会社を設立した当初は会社にお金を残すために、手取り12万円で生活をしたり、出張では夜行バスを利用するなど大変な事も沢山ありました。

これから困難なこととかはどんどん出てくるかもしれませんし、気楽に過ごせていた時が恋しくなったりもするかもしれませんが自分は今の社長という生活が1番あっていると考えています。

起業して一番面白いのが自分の考えたアイディアが形になる。

そして、そのアイディアが周りに受け入れられれば「ありがとうの気持ち」として売り上げになる。

そして、その「ありがとうの気持ち」がいい副作用として社会貢献ができたりもする。

この事業を通してどのような問題解決できるのか?って考え方で仕事をすることが一番の楽しいですね。

 

MOOCRESの社会貢献を教えてください!

ヨビさん:「和歌山県すさみ町プロモーションビデオ作製合宿」です。

MOOCRES卒業生がすさみ町のPR動画を作成し、町のPRを行う合宿!
町長さん、観光協会の会長さん、役場の方々が積極的に支援してくださる形でのイベントを行います!

 

今後の展望を教えてください

先ほどのすさみ町などの社会貢献はもちろん、これからは動画だけではなく、新規事業開拓をしどんどん突き進んでいきたいです。

 

最後に大学生にひとことをお願い致します。

ヨビさん: 今までに辛いことや失敗、大変なこともたくさんありましたが、自分が信じた道をとことん突き詰めて走り続けたから今があると思います。
だからこそ、やりたいと思ったことは、なんでも挑戦してみてください。